架空の「タビするトリ」の名前
| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK |
| CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
end.
 

以上、北海道旅日記でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました



帰りの空港に着いたとたん、ドシャブリの雨が降り(一度も濡れずセーフ!)
出発のゲートにて大きな虹が見えました。
最後の最後にちょっと感動しちゃいました



濡れた滑走路は大きな湖みたいにキラキラと綺麗で
そして旅は終わるのだと思うと、寂しい気持ちとまた来ようと思う気持ちと
半々で、そして旅にはつきものの
帰るんだ、という気持ちを思い出しました。

帰るんだ、って思う気持ちの中には
帰る場所がある、いつもの自分の生活に戻る、いつもの光景に、いつもの動き
旅に来てるからこそ感じる気持ちがあります。
久しぶりに再確認をしたような気がします

だからまた旅に出よう。

たくさんのものを見て感じて、美味しいものを食べて、感謝をしよう
そしてまた今日という日を大切にガンバロウと思います



羽田空港着。

さっきまでの余韻はどこへやら、
空港に着いたらもう気持ちは関東人になっていました。笑

友達と気になる化粧品探しや、可愛い空港で働くお姉さんを見て
かわいかー かわいかー とおっさん化していました。

大きな荷物を持って歩いていると
丸福珈琲店を発見!!



最後は珈琲で〆ました。

おしまい




旅.北海道 comments(0) -
富良野観光
 

お勧め フラノデリス!

夕食前に少し時間があったので行ってみました。

ケースの中は美味しそうなケーキと焼き菓子のお土産など沢山ありました。
テラスで食べることもできますよ♪

あいにく私はお腹が空いていなくて、でも食べたくて
く〜〜もっとペコペコだったらいいのに〜〜〜
と悔やみつつ、生チョコ(大きめ)みたいなものを1つ注文して
食べたら、
すっーーーーごく美味しくて、ぺロッと食べちゃいました。
フラノデリス、近所にあったらヤバイです!

お客さんもケーキ目当ての若い観光客の方が店内いっぱいでした。
あと駐車場には地元ナンバーの車がいっぱいだったので
地元の人も買いに来る=美味しい
と判断しました。

みなさんは是非!





チーズ工房


えっと、この椅子を作った人・・・誰でしたっけ・・・名前がでてこないです・・・

家具好きな方はご存知かな?

休憩するところが可愛かったので
あえてここでずっと休憩していました。










旅.北海道 comments(0) -
ケンとメリーの木
 

旭川空港までほど近く
最後の最後まで、まだまだ北海道を味わいたい!
と、ギリギリまでここで過ごしました。

ケンとメリーの木

広い大地をおもいっきり肌で感じ
隣にはテラスの付いたカフェがあるので
飛行場に行くまでもう少し時間があるな〜とおもったら
ここへ来て、ゆっくり過ごすことをお勧めします!

ちなみに、私はアイスコーヒー飲みながら
ゆっくりと過ごしました(飛行機が飛ぶ時間の1時間半前でも余裕でしたよ♪)




パッチワークの畑、お花はルピナス(たぶん。)




テラスからの景色
今までの訪れたカフェでは1番の絶景でした。

今度はね
ビニールシートと水筒とサンドイッチを持って、ピクニックしたいです。

北海道旅日記もそろそろ終わります
長くてそろそろ飽きられているかも知れませんね


書くことによって、忘れてしまいそうな記憶を残すことができ
ゆっくり思い出すことによって、また同じ気持ちで旅をしている気分になっています。

もう少し、書かせてください。笑




旅.北海道 comments(2) -
山頭火
 
北海道へ行くと決めた時に
一番先に行きたい!と思った食べ物屋さんは
山頭火でした。

旭川について、まず山頭火!!
と思ったのですが、
もっと色々と美味しいラーメン屋さんがあるのでは??
と迷いだして、結局山頭火はこっちでもカップラーメンでも買えるし・・・と
言い訳を考え、他のところにいきました。

最終日の帰る前のお昼
なにたべる?
と運転しながら食べる場所を探していたら

あったーーー!!
山頭火(美瑛店)!!
ビックリしました

友達には何度も山頭火に行きたいんだよねー
と言っていたので、
ココ!ココ!!これ山頭火!♪!と迷いなくお昼の場所が決まりました

2人で、なんて偶然にも!!他のお店で妥協しなくて良かったねー☆
と喜びました。



↑私の注文

何を頼んだのか覚えていないのですが
一見、コッテリっぽいですが
魚貝の風味で素晴らしく美味しかったです!



↑友達の注文

とっても満足してくれていました。

良かった、北海道での最後の食事が一番行きたかったところに行けて
本当に良かった。

振り返ってみても最高にベストな旅だったと思う。

それにしても食べ物が美味しい街ってイイナ
道路も広く、駐車場も広く、ゆとりがあるのも素晴らしい!

また行きたいよ、また食べたいよ


旅.北海道 comments(0) -
マイルドセブンの丘
 

マイルドセブンの丘

ここでマイルドセブンのCM撮影を行われたことから
マイルドセブンの丘と名前がついたそうです。



防風林

じつは、↑この防風林がマイルドセブンの意味「タバコのイメージとか?」と思っていた。



↑MYレンタカー

ほんと、レンタカーがないとこの景色は見れなかったと思う。
自分の車のように毎日あっちこっちへ一緒に行った

日産のキューブだったかな
ほんと燃費良くて驚いた!
あとエンジンをかける時にブルルン=とならなくて、自然でよかった。

走行中に音楽をづっとラピュタを流していたので
この丘に着いた時は、風と空と大地を全身に受け止め
最高に気持ちが良かったです。

あと、360度、一面が畑で管理するの大変だろうな〜と思ったのと
土地が沢山あるからか、1つの野菜のレーンと隣がとても離れていて
贅沢だなぁーと思った。
(栄養たっぷりでいい野菜が収穫できるね)

我が家の菜園は、毎年きつきつで野菜同士がぶつかりあっていて
かわいそうだなぁ・・・と思った。

美瑛のようなところは関東ではなかなかないと思います。
なので、1泊でもいいから1日中美瑛の丘でゆっくり(どこも観光に行かない)
で過ごすのもいいなと思った。
それだけでリフレッシュできると思う。







旅.北海道 comments(0) -
ラベンダー畑
 

7月が始まったばかりなのに
ラベンダーは満開でした。





ずっとこの光景を見たて富良野、美瑛に来たかった

来ちゃった、嬉しい

行きたい、行きたい、と何年も思っていたけれど
家を出て半日でこの光景が見れる、日帰りも可能なんだ・・・と気がついたら
もっと色々なところへ行ってみたくなった。
日本中の見たことのない景色を見てみたくなった

朝6時に家を出て(千葉)、9時には旭川(北海道)、10時にはラベンダー(美瑛)が見れる
不思議な感じ、すごい近いみたい

今回の旅ではフットワークの軽さで、どんどんなんでも楽しめちゃうことに気がついた




旅.北海道 comments(0) -
美味しかった。
 
富良野駅から車で10分くらい

FB FURANO BURGERへ行きました。



美味しかった!!

お勧めです!

お店に入ると、ベーコンを焼く香りがもうたまらないほど
あ〜これは絶対に美味しい♪と期待できました。

席は外のテラス席がいいです!

特に美味しく感動したのが、コロコロのじゃがいもを揚げたもの。
外側がカリカリで中身がホクホクです♪♪

テラスから見える景色は



スイカ畑でした〜

広くて開放感たっぷりです。

バイクでツーリング途中に立ち寄っていく方も多かったです。

ここ数日間、北海道らしいものを食べつくしていたので
ここでちょっとハンバーガーでも食べたいね!
と、選んだ場所でした。
こちらに来て、食でのハズレがないほど全て美味しかったので
ハンバーガーは期待しつつも、普通に美味しければいい
くらいに思っていたら、かなり美味しくて景色も良くて
気に入ってしまいました!!




この素晴らしい環境でできた水や土で採れる野菜や果物を口にできて
体の中まで綺麗になれるような気がしました。

富良野へ行って、
さて、お昼はどうしよう・・・と迷ったら

BF FURANO BURGERへ!!

リラックスできる場所なので時間に余裕を見て行ってみてください☆
旅.北海道 comments(0) -
北海道・マンホール
 

北海道旅日記、すっかりご無沙汰していました。
まだまだありますの!
長いでしょ・・・笑


旅している最中に、1回だけ1人時間がありました。
ので、私は目的地を決めず
ふらふらと普通の町の中、商店街を歩いてみました



ぶどうのマンホール
富良野ワインかな?



北海道+お祭り



この建物はどこ??



富良野スキー場でしょうか
イエイ♪

他にもタクシーのてっぺんが雪だるまだったり
小さな発見が楽しく、可愛かったです。

さて、北海道の旅(後半)は自然たっぷり美瑛を中心に書きます☆





旅.北海道 comments(0) -
北の国から
 

北の国からロケ地巡りをしました。

富良野=北の国から→行っておかなくては

実は、北の国からのドラマ数回しか見たことがなくて、あまり記憶にもなくて・・・笑

移動中や、各建物で友達がドラマの話をしてくれながら見たので
とってもよくわかりました。
ありがたいねぇー



黒板一家が最初に住みついた家

純:電気がなかったら暮らせません!

五郎:そんなことないですよ

純:夜になったらどうするの!?

五郎:夜になったら眠るんです




このセリフを何度も繰り返してマネしました。涙



石の家

ア〜ア〜〜アアアアア〜ア  
 ア〜ア〜〜アアアア〜〜〜

ルールーーー ルルルルル〜

友達の解説も少しあやふやになってきた頃、やはりここに来る人は詳しい人が多く
ドラマでの出来事を話している団体さんの後にくっついて、解説聞いてました。へへへ♪

不幸ばかりが続き苦しい話でした・・・。



五郎さんは、なぜ色々な家を作り続けたのか疑問でした。
その答えは解決せず、なぞのまま・・・



五郎さんは一人で作ったのかな〜風車。

あードラマ観ていないからワカラナイーー!


私の記憶では、純が東京へ行く時にトラック運転手に五郎さんが
泥のついた一万円札を渡したシーン、

(泣いた!)

そこの記憶だけ残っていて、思い出しては泣きそうにセツナクなった・・・。


富良野に滞在中や移動中は観光地巡りや、ホテルに泊まっていたけれど
北の国から巡りで、少し違う富良野を見れた気がして良かった。




近隣は、静かでゆったりと時間の流れが違う気がしました。

私たちからしては、観光地であっても
普段ここが生活の拠点で暮らしている人はたくさんで
同じ日本で、同じテレビも観たりしているだろうし、
でも生活をする場所が違うだけで、目に入るものや
考え方は違うんだろうなーって、

日本は北と南では、四季も景色も文化も違って豊かだなぁ
ここでの景色を見ている限りでは
環境汚染の実感が全くなかった。
こーーーーんなに緑豊かだよ〜〜
と大きな声で言いたくなってしまうほど、
素晴らしい!

世界の平均がこのくらい緑豊かだといいのにな、と思った。






旅.北海道 comments(0) -
気球
 

気球に乗りました。

場所は富良野プリンスの隣です
なんと、朝6時〜7時の間(早)なので、6時前に起きて
電話で確認をとります。

そんなに朝早いと思わなかった〜
携帯のアラームをセットして、ベットの中で寝ながら電話で確認をとったら
本日は実行です。とアナウンスが流れたので
支度をしてすぐに行きました。



初、気球!

この火がボーッ!!と燃えて出ている部分は結構熱いです。
優雅に気球に乗るというよりも
実際はちょっと違って、あの籠の中に入るのもまたいで入る為
スカートは絶対ダメですね。
あと、人間が一番怖いと感じる高さまであがるので
結構怖いです。(でも慣れます)

ふわーーっとゆっくり上がってゆくと
富良野の町が見えました。



富良野一望

富良野の町は思ったよりも栄えている印象でした。
なぜなら、富良野=北の国から
だったので、もっと田舎なのかなぁ〜と思っていました。
全然そんなことはなく、買い物できるところも充実していて
とっても住み心地はよさそうでした。

あと、このゲレンデまでの雰囲気はニセコにそっくりで
とっても懐かしかったです。



泊まった宿 富良野プリンス

気球から耳をすましたら、北の国からの曲が流れていました。
そう、どちらかといえばこちらの方が富良野のイメージでした!




おしまい。



旅.北海道 comments(2) -
| 1/3 | >>